不動産投資セミナーで賢く稼ぐテクニックを盗め

メンズ

時代のニーズに合った条件

つみき

保証人不要で入居者を募る

連帯保証人不要の賃貸物件は、入居者に家賃保証会社と契約してもらうことで、血縁者などの代わりに保証会社を連帯保証人とする仕組みになっています。連帯保証人を探しづらい入居者は大勢いますので、不動産投資で賃貸住宅を経営する場合でも、保証人不要という条件は導入しておきたい要素です。また、入居者は家賃保証会社と契約する時に一定の料金を支払いますが、それでも連帯保証人を探す苦労から比べればネックとなるケースも少なく、むしろ保証人不要の物件を探す場合が多くなっています。保証人不要という条件にはニーズがあるほか、賃料の支払いが滞りましても家賃保証会社が入金してくれますので、安定した不動産投資にも役立つ賃貸条件です。

取り扱いはオーナー次第

本来は連帯保証人の代わりとして、家賃保証会社が利用されてきました。しかしここ数年では、血縁者などの連帯保証人を用意した場合でも、個別に保証会社と契約してもらう賃貸住宅が増加しています。ただし、連帯保証人が立てられなかった入居者だけ保証会社と契約してもらう物件や、特定の保証会社を指定しない賃貸など、いろいろなスタイルがありますので、保証人不要という条件の取り扱いは、個々のオーナー次第と言えるでしょう。、家賃保証会社では契約する際、入居者の審査も行いますので、より安全な入居者を確保するという意味合いでも活用できます。家賃保証会社は数多くありますから、どの保証会社にするか、詳しく調べてみましょう。